LOADING
SHARE

UNIDOL×QTTA「セーのでエールを」
ダンスコンテスト優勝者決定!

QTTAエールプロジェクトのテーマソングである、OKAMOTO’Sが歌う「セーのでエールを」を 課題曲に女子大生アイドルの祭典「ユニドルコンテスト」とタッグを組んでダンスコンテストを実施。 8月29日(火)「UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA」にて 日本一の女子大生アイドルチームと合わせて、QTTAコンテスト優勝者が決定いたしました!

QTTA DANCE CONTEST

i CRUSH / 同志社大学

No.1


優勝コメント

まず素直に嬉しいです!WEB投票で3チームに選ばれたからには「絶対優勝しようね」って、みんなで話していました。どうにかして目立ちたかったので、頭にQTTAを乗っけて踊りました。CMの出演お待ちしています(笑)

今回のパフォーマンスのポイントと苦労したこと

QTTAを頭にのせるバランス感。何度も体幹を鍛えました。みんなで一緒に踊れる簡単な振り付けになってます。

「セーのでエールを」の曲について

まず肘のエルボーが思い浮かびました。QTTAが今すぐ食べたくなり、元気がもらえる曲だと感じました。好きなポイントは一度聞いたら離れない曲調で、 辛い練習の息抜きになって、みんなですごく歌ってました!

QTTA1年分どうしますか?

「リーダーが全部いただきます!」と言いたいですが、友達や家族に配ってみんなで食べたいと思います!

PROFILE

AWARD

Grant saga / 大妻女子大学

No.2


準優勝コメント

私たちにとって初めての新木場StudioCoastということですごく緊張しましたがメンバー全員楽しく踊ることができました!応援してくださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです!

今回のパフォーマンスのポイントと苦労したこと

QTTAの頭文字であるQを表した振付や麺を食べる振り、歌詞とリンクした振付など、こだわって作りました! 振付は全て1年生のあーりん(@grasaga_arin)が考えてくれました!全体的に誰でも踊れるキャッチーな振付となっているので、ぜひ踊ってください!

「セーのでエールを」について

新規チームとして色々な悩みが出てきて暗い気持ちになっていた時期にこの曲を聴いてすごく励まされました!!

PROFILE

ばんびっ子 / 畿央大学

No.3


第3位コメント

今回の決勝戦/敗者復活戦では出場する予定はなかったのに、新木場StudioCoastのステージに立てるチャンスをいただけて感謝の気持ちでいっぱいです。ステージに立ったら、見覚えのある方がたくさん前の方にいたのでいつも通りとても楽しく踊ることができました!!QTTAのダンスを機にばんびっ子を知ってくれた方もたくさんいて嬉しかったです!

今回のパフォーマンスのポイントと苦労したこと

今までばんびっ子がやってきた曲の振りが入っているので、ばんびっ子の歴史が詰まった振付とも言えます! 動画を撮る際に全員が間違えずに踊ることが中々出来ず、何回も撮り直したことです。

「セーのでエールを」について

まずOKAMOTO'Sというすごいバンドさんに曲を作っていただけたことがメンバー全員驚きでいっぱいでした! 一回だけよりも何回も聴くことでより好きになっていく曲だと思います!

PROFILE

ABOUT UNIDOL

「UNIDOL」とは、「UNIversity iDOL」という名称に由来した大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦です。その名の通り、「普通の女子大生が、一夜限りの"アイドル"としてステージに立つ」というコンセプトのもとでコピーダンスイベントを開催しています。 近年のアイドル文化の盛り上がりと共に、様々なアイドルの曲で盛り上がれる場としても注目を集めてきました。メインとなる年2回の大会に加え、スピンオフイベントも開催し、2016年度のイベント総動員はついに20000人を突破。今もっとも熱い学生イベントとして話題を呼んでいます。 (※女子大生でアイドル活動をしている人を”ユニドル”とは呼称しません。)

unidol contest

「セーのでエールを」ダンスコンテストとは別に、
本選である、女子大生アイドルの日本一決定戦の受賞者も決定しております。
No.1

成城彼女 / 成城大学

PROFILE
No.2

i CRUSH / 同志社大学

PROFILE
No.3

SPH mellmuse / 上智大学

PROFILE