LOADING
SHARE

QTTAエールプロジェクトWELCOME STORY supported by QTTA

第3弾
「バラエティ番組風な交流会、やってみた」

QTTAエールプロジェクトは、首都圏の10大学の広告研究会と共同で、「QTTA」を活用した先輩と新入部員の交流企画を4月から順次展開してまいりました。「QTTA」パッケージの吹き出し部分に、新入生へのエールとなるような「直筆メッセージ」を記入し配布するなど、大学ごとに上級生が考えるユニークな交流企画を実施いたしました。

その中で大学生自らが「映像ディレクター」を務め、「QTTA」をテーマにした作品を制作。日本大学は、バラエティ番組風の交流会を企画し、撮影・編集まで大学生だけの力で動画を制作。新入生がリラックスして楽しめる、ほっこりしたWELCOME STORYに仕上がっています。

どの大学の学生も企画を楽しみながら撮影に協力してくれたので、撮影していてとても楽しかったです。ありがとうございました。
映像ディレクター

長田幸洋(おさだこうよう)

1995年生まれ、東京出身の映像ディレクター。現役大学生。大学から映像制作を始め、数々のコンペやCMコンテストで賞を受賞。2015年11月からフリーランスの映像ディレクターとして活動し、主にwebCMやMV、企業PVなどを制作。

どの大学の学生も企画を楽しみながら撮影に協力してくれたので、撮影していてとても楽しかったです。ありがとうございました。